肌バリアにセラミド!では、そのセラミドを守るには?

瓶 化粧品

セラミドは肌の保湿だけでなく、肌を守るためのバリア機能を高めてくれる成分です。

最近は敏感肌の人が増えてきたからか、セラミド配合の化粧品を選ぶ人が増えてきました。

そこで今回は、セラミドそのものではなく「セラミドを守る働きの成分」にスポットをあててみましょう。
肌のセラミド量を増やすための役に立つはずです!

セラミドの効果

まずは私たちの肌にとって、セラミドがどんな働きをしているかを簡単にみておきましょう。

角質層の構造

セラミドは、角質層(角層)の中にある「細胞間脂質」の主成分です。

角質層の中は、この細胞間脂質と角質細胞(角層細胞ともいう)とで構成されています。

角質細胞は例えるならレンガ。
そして細胞間脂質はレンガ同士のすき間を埋めているセメントのようなものと考えてください。(この構造をラメラ構造といいます)

ラメラ構造 図解 仕組み 角質層

すると、細胞間脂質が足りていないとレンガ同士(角質細胞同士)の間が隙間だらけになってしまうことになります

逆に細胞間脂質がしっかりと角質細胞同士の間を埋めてくれていれば、角質層は強固になるということです。

細胞間脂質のセラミド

ここで活躍するのがセラミドです。

セラミドが水分を挟みこみながら細胞間脂質を構成し、角質層のラメラ構造を支えてくれています。

セラミドとバリア機能

こうして構成された角質層は肌の1番外側になるので、壁の役割をしています。
これが肌を守るバリア機能です

つまりセラミドが足りなくなり、角質層がスカスカになると、バリア機能が低下することになります。(下図参照)

肌 バリア機能 図解 イラスト
バリア機能が低下すると、紫外線やアレルゲンといった外部刺激が肌内部に侵入しやすくなります

さらに角質層より内部の水分も蒸発しやすくなるので、さらに乾燥が進むことになってしまいます。

こうしてセラミドは保湿成分の中でも、とくに肌にとって大切な役割をしているのです。

セラミドを守る(産生量を上げる)成分

化粧品 美容液 手

バリア機能が低下すると、肌が過敏に反応する敏感肌になってしまう可能性があります。

こうした敏感肌が増えてきた背景から、バリア機能を高めるセラミドをスキンケアにとり入れる人が増えてきました。

女の子 女性 顔 ムズムズ イラスト

それならぜひセラミドを守る成分(産生量を上げる成分)にも注目しておきましょう。

自身が生成するセラミドを守り、減らさないようにすることはとても効率的なスキンケアといえます。

では、代表的な成分をご紹介していきます。

POs-ca(ポスカ)

POs-ca(ポスカ)は江崎グリコが研究開発した高水溶性のカルシウム素材(リン酸化オリゴ糖カルシウム)です。

カルシウム源として利用されていましたが、肌のバリア機能改善に期待がもてる成分としてスキンケア原料にも用いられるようになりました。

女の子 女性 顔 イラスト

POs-caの添加で、セラミドを含む細胞間脂質の産生量が上がるという研究報告が出ています。

ライスパワーNo.11

ライスパワーNo.11は、日本人の主食である米から生まれた成分です。

皮膚水分保持能の改善」の新規効能が認められ、厚生労働省から医学部外品の認可を受けています。

女性 女の子 水分 笑顔

角化細胞を活性化し、セラミドの産生量を上げる働きをしてくれます。

そのほかのエキス

ほかにも、セラミドの合成を促進してくれるとされるエキスがたくさんあります。

※カッコ内は医薬部外品表示名称になります。

・アンズ種子エキス(キョウニンエキス)

・イザヨイバラエキス(イザヨイバラエキス)

・ウスバサイシン根茎/根エキス(サイシンエキス)

・ウンシュウミカン果皮エキス(チンピエキス)

・キハダ樹皮エキス(オウバクエキス)

・オウレン根エキス(オウレンエキス)

・クズ根エキス(カッコンエキス)

・マグワ根皮エキス(クワエキス)

・コメヌカエキス(コメヌカエキス)

・サンザシエキス(サンザシエキス)

・シソ葉エキス(シソエキス1、シソエキス2)

・シャクヤク根エキス(シャクヤクエキス)

・スイカズラ花エキス(スイカズラエキス)

・ダイズ種子エキス(ダイズエキス)

・ナツメ果実エキス(タイソウエキス)

・チョウジエキス(チョウジエキス)

・マドンナリリー根エキス(ユリエキス)

・ムクロジ果皮エキス(ムクロジエキス)

・ユキノシタエキス(ユキノシタエキス)

・ユズ果実エキス(ユズエキス、ユズセラミド)

ほかにもセラミドの産生量を上げるとされる成分はいくつかあります。(これから増えていく可能性もあります)
成分の説明に「バリア機能を改善する作用」といったフレーズがあれば、セラミドの産生量を上げる成分だと思っていいでしょう。(詳しくは確認してみることをおすすめします)

自らが生成したセラミドは強い!

セラミド自体ををとり入れるだけでなく、セラミドの産生量を上げる成分もとり入れてけば、さらに効率よくセラミドを肌に保つことができます。

自らが生成したセラミドは、もちろん定着ができるからです。

肌のバリア機能が気になるなら、こういった成分も選択していきましょう。

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"