40代向け!たるみはじめる毛穴のおすすめ改善方法・2つ

女性 顔

30代のころから毛穴の広がりが気になりだし、40代になると今度は毛穴のたるみが気になるようになります

開いた毛穴がさらにたるんで広がっていくのですが、たるんだ毛穴は深いしわへと発展していくこともあります。

そこで深いしわになる前に、効果的にたるみを治していきましょう!

40代の肌事情

20代から減少し続ける肌の保湿成分

スキンケアで保湿成分を補って、なんとかやってこれた30代。

しかし40代ともなれば、いよいよ肌のたるみが気になるようになってきます。

たるみは肌の土台ともいえる真皮層がゆるんでしまうことが原因です。
真皮層のコラーゲンエラスチンが減少し、ハリがなくなっていくのです。

真皮層と肌の仕組み
コラーゲン量が減ると肌がたるむ!
肌 断面図 図解 イラスト

40代の毛穴トラブル

すると肌のたるみにともなって、毛穴も一緒に垂れ下がっていきます

毛穴のたるみは、もともと毛穴が開いていた人に多くみられます

女性 顔 しわ

毛穴がしずくの形になるので「しずく毛穴」や「たるみ毛穴」と呼ばれる毛穴トラブルです。
早い人になると20代後半から現れることも…。

そっと肌をもち上げると毛穴がみえなくなる特徴があります

40代におすすめ!
たるみ毛穴の改善方法

女性 顔 肌

一般的な毛穴ケアというと角栓をとり除いたり、毛穴を引き締めたりを想像すると思いますが、そういったケアでたるみ毛穴は改善できません。
たるみ毛穴の改善方法は「肌のたるみの改善」ということになります

では40代の肌のたるみにはどんなケアが効果的なのでしょうか。

とくにおすすめの改善方法を2つ解説していきましょう。

1・コラーゲン量を増やす方法

前述したように、肌のハリは真皮層が大きく影響しています。
真皮層がコラーゲンで満たされ、ピンと張ってくれれば肌にハリが生まれるのです。

肌の断面図
真皮の層は肌の土台となります
肌 断面図 図解 真皮層

ではどうしたら真皮層のコラーゲン量を増やせるのでしょうか。

まず思い浮かべるのは、「コラーゲン配合のスキンケア商品を肌に使う」といったケア方法でしょう。

しかしじつはコラーゲン分子はとても大きく、スキンケアでとり入れても真皮まで届けることが難しい成分なのです。
スキンケアにおいては角層(角質層)でとどまり、水分を保持するといった働きになります
そもそも自身で生成したコラーゲンでなければ、定着はしないものです。

そこで最近では「コラーゲンの生成力を高める成分」に注目が集まっています。

真皮層に定着できないコラーゲンそのものをとり入れるよりも、産生力を高めたほうが効率がいい!と考えられるようになってきたのです。

コラーゲン産生力を上げる成分
・ビタミンC
・レチノール
・CVアルギネート
…など。これは一例です。

ビタミンC誘導体

コラーゲンの生成力を高める成分として代表的なのがビタミンC
ところがビタミンCも肌には浸透しにくい成分なのです。

レモン イラスト

そこで、ビタミンCを浸透させやすくしたものがビタミンC誘導体です
スキンケア商品の棚に行けば、ビタミンC誘導体の商品がたくさん並んでいますね。

ビタミンC誘導体とは

ビタミンCを肌に浸透しやすくした成分(正確には体内の酵素反応によってビタミンCに変換される仕組みの成分)

そう、ビタミンC誘導体にもさまざまな種類があるのです。
大きく分けると「水溶性」と「油溶性」。
さらには水にも油にも溶かすことができる「両親媒性」です。

化粧水やローションなどに配合する場合は、溶かしやすい水溶性ビタミンC誘導体(リン酸アスコルビルNa、リン酸アスコルビルMgなど)がほとんどです。

手 水分 しずく

ビタミンCは肌美容においてとても優秀な成分ですが「壊れやすい」「浸透しにくい」といった問題点を抱えていました。

そこで「誘導体として吸収されたあと、体内の酵素によってビタミンCに変化し効果を発揮」することができるビタミンC誘導体への期待が高まったのです。

ビタミンCのおもな肌効果

・コラーゲンの生成力促進

・抗酸化作用による活性酸素の抑制(老化予防)

・毛穴の引き締め

・皮脂量のコントロール

・メラニンの生成を抑制(シミ予防)

…などなど、さまざまな美肌効果をもっています!

現在でもビタミンC誘導体は美容業界で開発が進められ、進化し続けています。

APPSも進化したビタミンC誘導体の1つ。
圧倒的な浸透力だけでなく、水溶性と油溶性の両方の特徴をもった新型ビタミンC誘導体になります。

■おすすめはAPPS

肌のたるみを改善するためにとり入れたいビタミンC誘導体。
その中でもたるみが深刻になってくる40代におすすめしたいのはAPPS(アプレシエ)です。

女性 顔 メガネ 解説

最強のビタミンC誘導体と呼ばれている成分で、その浸透力は従来のビタミンC誘導体の100倍ともいわれています
現存しているビタミンC誘導体の中でもっとも効果的な成分といえます。

APPSについてワンポイント

APPS配合の商品はパッケージに「APPS配合」や「アプレシエ配合」と記載されています。
そして裏面の配合成分の表記は「パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na」と記載されています。

ビタミンC誘導体にはいろいろな種類があるので、APPS配合の商品を購入したいと思ったらパッケージをよく確認しましょう!

2・ヒートショックプロテイン

ヒートショックプロテインHSP)とは、熱のショックで作られるタンパク質のことです
肌に軽くストレスを与えることで、このタンパク質を増量させることができます。

ヒートショックプロテインには免疫を強化する働きもあるとして、ガンの温熱療法にも利用されている例があるほどです。

女の子 女性 肌 ケア

さらに美容においては「コラーゲンの産生力を上げる」「代謝を活発にする」といった働きがあります。

これは肌のたるみ改善にぜひとり入れたいですね!

蒸しタオル(ホットタオル)

しかし肌にストレスって大丈夫なの?と心配する必要はありません。
熱を与えるだけでストレスになるのです

そこで手軽にスキンケアに応用させられるのが蒸しタオルホットタオル)です

蒸しタオル ホット

蒸しタオルをしたことがある人は知っているかと思いますが、顔を温めた後は肌がやわらかくなります。
これはヒートショックプロテインの効果で、弱ったコラーゲンが修復されるからと考えられています。

簡単な蒸しタオルで意外な効果が得られるので、ぜひスキンケアにとり入れてみましょう。

電子レンジ

蒸しタオルはレンジでチンするだけで簡単に作れますが、すぐに冷めてしまいます。
長く顔を温めたいときには、お湯を沸かしてしまったほうが便利です。

蒸しタオルのコツをチェック!

女性 洗顔 タオル

簡単0円!蒸しタオルの美容効果で、自宅がエステに!

2016年4月11日
■蒸しタオルの注意点

肌を温めることで乾燥しやすくなります。
蒸しタオルのあとは必ず保湿をしっかりとしていきましょう

女の子 女性 顔 水分

また、唇には皮脂の分泌がありません。
保護するために、蒸しタオルを顔に乗せる前にはリップを塗るようにしてください。

紫外線対策を忘れない

せっかく肌のコラーゲン量を増やしても紫外線はコラーゲンを破壊してしまいます

肌と紫外線の関係
UV-Aがコラーゲンを破壊!
肌 紫外線 影響 図解 イラスト

増やしたコラーゲンを守るために、外に出るときは必ず紫外線対策を忘れないようにしましょう!

40代は頑張りどころ!

40代になるとエイジングケアに力を入れる必要があります。
スキンケアがますます大変になってくる時期です。

しかし頑張ったぶんだけ肌への影響も出やすいので、ほかの人とも差がついてくる年代です。

そして40代になれば攻めのスキンケアもとり入れていきたいところ。
攻めるならおすすめはピーリングです。

こちらもチェック

ピーリングを使って、シミ、ニキビ、たるみに攻めのスキンケア!

2016年8月1日
いつまでも若々しく見られるように、できる範囲でスキンケアに力を入れていきましょう!

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"