あなたの大人ニキビは大丈夫?ありがちなNGケア・3選!

女性 女の子 NG どこ

最近、大人になってからできる大人ニキビの人が急増中です。

早く治したくてニキビ対策をしてみたけど、一向に治らない…。
それはもしかしたら、ニキビにありがちなNGケアをしているのかも!?

間違ったケアでニキビを悪化させないためにも、NGなケア方法おすすめのケア方法を併せてチェックしておきましょう!

大人ニキビとは

ニキビといえば10代の思春期に多くみられます。
10代は成長ホルモンの影響で、皮脂分泌が過剰になるからです。

しかしもう思春期じゃないのにニキビができることも…。
それが大人ニキビです

こちらもチェック

女性 女の子 顔 メガネ

思春期ニキビと大人ニキビの違いと治し方

2016年1月22日

原因が思春期ニキビとは違うので、10代の頃のように大雑把なケアでは治せません。
同じように考えて、ケアを間違えないようにしましょう。

大人ニキビに避けたいケア

女性 顔 大丈夫

普段の肌状態なら大丈夫なことでも、ニキビのときには避けたいこともあります。

自分はあてはまらないかどうか確認してみてください。

1・リキッド、コンシーラー

いつもファンデーションはリキッドタイプを愛用!カバー力があるからニキビだって隠せる!と思ったら、ちょっと待ってください。

リキッドやコンシーラーはカバー力が強い代わりに、油分がかなり含まれています

そしてニキビには油分が大敵
ニキビを治しにくくするだけでなく、ニキビ跡を残してしまう可能性まで高くしてしまいます。

リキッドファンデーション お休み

だからニキビのときには、愛用のリキッドファンデーションをお休みにしましょう。

ニキビを隠すよりも、治すことを優先にすることが大切です

どうしてもニキビを隠したいときは、ニキビ用のコンシーラーを上手に使うのがおすすめです。

ニキビにおすすめのファンデーション

ニキビができている肌には、パウダータイプのファンデーションが無難です。

とくにおすすめはミネラルファンデーション
ミネラルのみでつくられていて、油分がなく肌にやさしいからニキビ肌への負担を軽減することができます。

パウダーファンデーション ブラシ

とくに亜鉛マイカといったミネラル配合のファンデーションがニキビにはおすすめです。
亜鉛、マイカには抗炎症作用があるので、荒れた肌を整えてくれます。

■ミネラルファンデーションの注意点

ミネラルファンデーションには定義がないので、ミネラル以外の成分を配合しても「ミネラルファンデーション」と銘打っている商品もあります。

それでもミネラルは配合していて、普通のファンデーションよりは肌にやさしいのかもしれませんが…。
ニキビを早く治したいときには、やはり肌への刺激を考えてミネラル100%の商品を選びたいものです。

女の子 女性 肌 調子がいい

商品を選ぶときには、その点をよく確認するようにしましょう。

2・過剰な洗顔

ニキビが気になる女性にありがちなのは、過剰な洗顔です。

皮脂や毛穴の汚れをすっきり洗い流したほうが、ニキビが早く治りそう!と思ってしまいますよね。

女の子 女性 洗顔 イラスト

たしかにニキビは、過剰な皮脂分泌がもとになる毛穴の詰まりが原因です。
しかしそれを洗顔でコントロールしようとしてはいけません

過度な洗顔とは?
・1日に何度も洗う
・肌をゴシゴシとこする
・洗浄力が高い洗顔料を使う

過度な洗顔は、肌の保湿成分までごっそり落としてしまいます。
するとさらに皮脂分泌が多くなってしまい、ニキビが悪化することもあるので注意してください。

なぜ皮脂分泌がさらに増えるの?

保湿成分が足りなくなると、肌はさらに皮脂を分泌して自分を守ろうとするからです。

皮脂は保湿でコントロール

大人ニキビのときは肌を保湿して、皮脂をコントロールしていきましょう

女の子 女性 顔 水分

なぜなら大人ニキビの場合、肌の乾燥が原因になっていることが多いからです。

乾燥が原因になる流れ

肌が乾燥する

皮脂分泌が過剰になる

角栓ができてニキビになる

自分の肌は乾燥していないと感じていても、皮脂が多くなっているならインナードライの可能性が高いです。

インナードライとは
肌の表面は皮脂で覆われているので乾燥は感じない。
しかし肌内部は乾燥している状態。

インナードライ 肌状態 図解 説明

そもそも10代の頃は皮脂が多くてあたり前ですが、大人ニキビの年代ともなれば保湿成分は減少しているものです。
それにともなっての皮脂分泌過剰と考えておきましょう。

そこで肌の保湿をしっかりとして、皮脂をコントロールするのです。

■ターンオーバーにも保湿

肌の乾燥はターンオーバーを乱してしまいます。

すると角栓もできやすくなり、やはり大人ニキビの原因になりがちです。

こういったターンオーバーの乱れにも、保湿ケアは有効です

洗顔料は1日1回!?

洗顔料には界面活性剤という成分が含まれていて、かなり脱脂力が高くなっています。

界面活性剤が含まれていない洗顔料なら、朝と夜に洗顔料を使ってもいいでしょう。

女の子 洗顔 タオル

しかしパッケージの裏を確認して界面活性剤が含まれているなら、洗顔料の使用は夜だけにして、朝はぬるま湯だけの洗顔がおすすめです。
もちろん肌を乾燥させないためです

これは肌コンディションによるので万人向けとはいえませんが、肌の調子をみて朝も洗顔料を使うかどうか決めるといいでしょう。

こちらもチェック

泡 女性 手

朝の洗顔料は使う派?使わない派?どっちが正しいの!?

2016年3月17日

そして洗顔料を洗い流すときも、必ずぬるま湯程度(30℃~35℃)の温度が基本です。

どうしてぬるま湯なの?

お湯の温度が高すぎると肌の保湿成分が流されてしまいます。
また、低すぎる温度では皮脂を浮かすことができません。

3・あぶらとり紙

メイク直しのときに、あぶらとり紙を使っている人も多いはずです。
しかしニキビのときは、あぶらとり紙もお休みしましょう。

洗顔料と同じく、皮脂を取り過ぎてしまいます

ポケットティッシュ

しかし肌が皮脂でテカっていては、メイク直しができません。
そこでティッシュを活用してください。
ティッシュにはあぶらとり紙ほどの脱脂力がないので、ニキビのときにはもってこいなのです。

肌に乗せるだけ

ティッシュで皮脂を取り除くのに、肌をこするのは絶対にいけません。

ティッシュを1枚広げて顔にそっと乗せたら、おさえて数秒待ちます
これでティッシュの皮脂オフは完了です。

ニキビケアは低刺激で

今回は、ありがちなNGを3つとり上げてみました。
しかしほかにもNGなケアはたくさんあります。

保湿成分が足りないときには、肌のバリア機能も低下しています。
だから基本は「低刺激」です。

肌に刺激を与えないように、上手にケアしていきましょう。

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"