花粉症に悩む女子必見!花粉の季節にとるべきスキンケア対策は?

花 ピンク

とうとう花粉の季節到来。

毎年、この時期は憂鬱になってしまう花粉症の女性たち!
そして、なんとな~く花粉症になりそうな気配の女性たち!
くしゃみや鼻水だけでなく肌荒れも怖い時期に突入です

では、そんな肌荒れが怖い季節にどんなスキンケア対策を取るべきでしょうか。

今回は花粉の季節に向けて、おすすめのスキンケア対策を3つご紹介していきます。

花粉症が肌荒れの原因に!?

ではまずスキンケア対策の前に、なぜ花粉で肌荒れが起きるのかを簡単に解説しておきましょう。

花粉はアレルギー物質です
そのアレルギー反応で花粉症が発症してしまいます。

ムズムズ アレルゲン イラスト

そして肌にもそのアレルギー反応が起きるのです。
だから肌内部にアレルギー物質が侵入することで、肌荒れが起きます。

花粉症を発症していなくても、誰もが花粉(アレルギー物質)が飛び交う時期には肌が敏感になりがちです

花粉症のスキケア対策・3選

女性 顔 花

では、そんな花粉の時期におさえておきたいスキンケア対策をみていきましょう。

1・バリア機能強化

普段のスキンケア商品をいったん横に置いて、花粉の時期はとことんバリア機能を重視するスキンケアにしてください。

アレルギー物質である花粉を肌内部に入れないためには、肌のバリア機能を高める必要があるからです

バリア機能と角質層

肌のバリア機能は、肌の1番外側にある角質層角層)によって強弱が決まります

肌 断面図 図解 イラスト 角質層

角質層内は積み上がったレンガのような構造になっていて(ラメラ構造)、細胞間脂質角質細胞によって構成されています。

角質細胞(角層細胞ともいう)がレンガにあたり、細胞間脂質がその隙間を埋めるセメントにあたると思ってください。

ラメラ構造 図解 仕組み 角質層

こういった構造から、細胞間脂質が足りなくなると角質層はスカスカな状態になってしまい、バリア機能が低下してしまうことになります。(下図参照)

肌 バリア機能 図解 イラスト

こうしてバリア機能が低下すると、とうぜんアレルゲンである花粉も肌内部に入りやすくなり、肌が荒れやすくなってしまいます。

だから花粉の季節はとくに、肌のバリア機能強化を目指す必要があるのです。

角質層とセラミド

そこでとり入れたい成分はセラミドです。

セラミドとは

角質層内で水分を挟み込み、保持する性質をもつ成分。
角質細胞間脂質の約4割を占める主成分にあたる。

セラミドは、レンガ(角質細胞)をしっかりと埋め合わせるために必要なセメント(細胞間脂質)の主成分になります。
つまりセラミドが不足しないようにしておけば、角質層内は強化され、バリア機能の低下を防ぐことができるのです。

花粉の季節に限らず、普段から肌荒れが気になる人はぜひスキンケア商品をセラミド配合のものに切り替えてみてください。

女の子 女性 顔 ムズムズ

普段の肌は調子がいいなら、花粉の時期だけでもセラミド配合のスキンケアシリーズに切り替えるといいでしょう。

敏感肌向け」となっているスキンケアシリーズにはセラミド配合の商品が多くなっていますので、探すときの参考にしてください。

セラミド配合のトライアルは?

女性 横顔 花

花粉症の季節におすすめしたいトライアル・5選

2018年3月10日

2・ミネラルファンデーション

花粉の時期にはファンデーションにも気をつかうべきです。

ファンデーションは基礎スキンケアと同様で、ほとんど毎日肌に乗せるものだからです。

花粉で荒れている肌をいたわるために、いつものファンデーションはお休みにしてみてください。

とくにリキッドファンデーションは花粉症の肌には厳禁です。
リキッドファンデーションはカバー力がある代わりに油分が多いので、肌への負担がかなり多くなってしまいます。
また、リキッドの油分に花粉が付着しやすくなってしまいます

リキッドファンデーション お休み

そこでおすすめしたいのは、ミネラルのみで作られたミネラルファンデーションです
ミネラルなら肌への負担がないので、荒れた肌への負担を最小限に留めることができます。

パウダーファンデーション ブラシ

とくにマイカ亜鉛といったミネラルは抗炎症作用があるので、荒れた肌におすすめの成分です
商品を選ぶときの参考にしてください。

ファンデーション対策を詳しく!

パウダーファンデーション ブラシ メイクセット

敏感肌になったときのファンデーション対策・3選

2016年2月12日

ミネラルファンデーションの注意点

ミネラルファンデーションを選ぶときには、注意しておきたい点があります。

じつは「ミネラルファンデーション」という名称を使うための基準がありません
そのためにミネラルファンデーションという名前をつけていながら、ミネラル以外の成分がビックリするくらい配合されている商品もあります。

女の子 女性 横顔

肌をいたわりたいときにせっかくミネラルファンデを選んでも、刺激物が配合されていては台無しです。

配合成分を確認し、ミネラルのみで構成された商品を選ぶようにしましょう。

3・一時中止したいケア

花粉で荒れた肌は弱っているし、乾燥もしています

すると、いつもは肌コンディションを上げてくれるケアでも負担になってしまうこともあります。

女の子 女性 困った顔

そこで「肌に刺激を与えるケア」は一時中止するようにしてください。
「ピーリング」「スクラブ」「レーザートリートメント」といったケアを定期的にとり入れていたとしても、お休みです。

花粉の時期が終わり、肌コンディションが元通りになったら再開です。

スキンケア以外の対策

女性 女の子 花

さらにスキンケア以外で、気を付けておきたいポイントを追加しておきます。

メガネ、マスクの着用

花粉との接触を避けるために、外出時はメガネやサングラスの活用をおすすめします

マスク

花粉症がひどければ当然マスクは着用していると思いますが、花粉症っぽいな?と思った時点でもマスクを着用しておくことにしてください。

皮膚科の受診

花粉は毎年飛散する量も違っています。
当然、花粉での肌荒れの度合いも毎年違ってきます

ホスピタル 病院 医療機関

今年はひどいな、と感じたら皮膚科での相談も検討しましょう。
対策を取るだけでは乗り切れなくても、皮膚科で適切な治療をしてもらうことで症状が緩和できます。

肌荒れを軽減して乗り切る!

花粉症の女性にとって本当にこの時期は大変です。
肌が荒れると化粧ノリも悪くなるし、顔色も悪く見えてしまいます。

せめて肌はしっかりといたわり、少しでも肌荒れを軽減していきましょう。

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"