ライスパワーNo.11の底力って?もち肌をつくる美肌効果とは!?

リクエスト 手紙 レター

今回は、Ayakoさんからリクエストをいただいたテーマです。

Ayakoさんは最近「ライスフォース」のトライアルを購入し、その感触がとても気に入ったそうです。

そこで「ライスフォースの配合成分であるライスパワーNo.11がテーマの記事を書いてください!」とのリクエストでした。

では、今回はリクエストにお応えしてライスパワーNo.11の効果について解説していきます。

ライスパワーNo.11とは

日本人の主食である「お米」には、たくさんの栄養素が含まれています。
ミネラルもたっぷり!

お米は、とても優秀な食品なのです。

お米

その優秀な食品が着目され、お米の力…つまり「ライスパワー」の研究がはじまりました。
お米の発酵方法や組み合わせを変えたりして、お米のもつ力を引き出そうといった研究です。

そして「No.1」からはじまり、さまざまなライスパワーが誕生しました。

ライスパワーがもつ力
No.1
皮膚を健やかに保つ

No.2
皮膚の保護、清浄化

No.3
汚れをとり除きながら、うるおう

No.6
皮脂分泌の抑制

No.7
皮膚の油分を保つ(乾燥を防ぐ)

No.10
皮脂バランスを整える

No.11
皮膚水分保持能の改善

No.23
皮膚の保護、透明感アップ

こうして誕生したライスパワーの中でも、最も注目されたのが「ライスパワーNo.11」なのです。

ライスパワーNo.11の効果

なぜライスパワーNo.11が注目されたのかというと、「セラミドを増大させる効果」をもっていたからです。

セラミドとは

角質層内で水分を挟み込み、保持する性質をもつ成分。
角質細胞間脂質の約4割を占める主成分で、バリア機能を保つために必要。

セラミドと角質層

セラミドは数ある保湿成分の中でも、最近ではとくに人気となっています。

なぜならセラミドは、ほかの保湿成分にはない働きをもっているからです

化粧品 スキンケア用品

それは「角質層内で水分を保持している成分」だからこそといえるでしょう。

角質層で働くセラミドは、肌のバリア機能を高めることができるのです

角質層とバリア機能

角質層角層)とは、皮膚の1番外側の層のことです。

肌 断面図 図解 イラスト 角質層

角質層内は積み上がったレンガのような構造になっています。(ラメラ構造といいます)

そして角質層は、外部刺激から肌を守ったり、肌内部の水分の蒸発を防いだりといった働きをしています。
これが肌の「バリア機能」と呼ばれるものです

つまり角質層内が貧弱になってしまうと、バリア機能も低下することになるのです。(下図参照)

バリア機能が低下した肌

肌 バリア機能 図解 イラスト

ここで活躍するのがセラミド

セラミドは角質層内で、水分を挟みこみながら保持する成分です
角質層内のセラミド量が増えれば、それだけ角質層内が強固になります。

つまりバリア機能も強化できるのです

近年では、肌が刺激に弱くなっていると感じている人が増え、このバリア機能を高めたいと考える人も多くなっています。

女の子 女性 顔 ムズムズ

こういった背景から、セラミドは人気の保湿成分になってきているのです。

水分保持能の改善効果

女性 顔 花

そしてライスパワーNo.11には、そのセラミドを生成する効果がありました。

こうしてセラミドについて理解を深めてみると、それが画期的な効果だということもわかると思います。

スキンケアで外側からセラミドを補うこともできますが、自ら増大できてしまえば効率がいいからです

厚生労働省の認可

水分保持能」とは本来、人が備えもつ機能の1つです。

しかし加齢とともにセラミド量が減少すると、水分保持能も低下することになります。

だから逆に、水分保持能を高めるためには「セラミド量を増やす」必要があります。

女の子 女性 顔 水分

それを可能にするのがライスパワーNo.11。

だから厚生労働省はライスパワーNo.11に、「新規効能、新規有効成分である」という認可を出してくれました!

厚生労働省とは

私たちの生活をより良くするための機関。

私たちの安全を守るために各種の承認審査、認可をとり行っています。

医薬部外品の効能としては「皮膚水分保持能の改善」という唯一の効果です。

こうして知ってみると、ライスパワーNo.11って凄い成分ですね。

医薬部外品とは

厚生労働省が許可した効果、効能に有効な成分が一定の濃度で配合されていることが条件。

「医薬品」は「治療」を目的にしているのに対し、「医薬部外品」は「防止、衛生」が目的になっている。

「水分保持能改善」と「保湿」の違い

一般的なスキンケアで、私たちは保湿をしています。

肌に保湿成分を与えて、肌の水分量を高くすることが保湿です

しかし肌そのものの水分を保つ力が改善できれば、肌そのものを改善したことになります。
つまり水分保持能改善とは、肌を根本的に変えるということです

保湿よりも、新しい発想のスキンケアということになりますね。

ライスパワーNo.11配合のスキンケアシリーズ

女性 顔 花

ではせっかくですので、ライスパワーNo.11が配合されているスキンケアシリーズをいくつかご紹介しておきましょう。

ライスフォース

すっぴんがみるみるきれいになる!と噂のライスフォース
モデルさんにも愛用者が多いようです。

ライスフォース トライアル 10日分

米肌

「自活保湿」をコンセプトに、自らが潤うことができる肌を作っていきます。
もち肌になっていく、その感触からリピーターも多い商品です。

コーセーという大手メーカーの商品ですが、店頭販売はしていません。
通販のみの販売になります。

米肌 トライアルセット 14日分

ライスパワーNo.11でもち肌作り

ライスパワーNo.11の魅力、うまく伝わったでしょうか。

肌の水分を保つ力が高くなっていけば、もち肌だって夢じゃありません。
ライスパワーNo.11で、キメの細かいもち肌を作っていきたいですね!

Ayakoさん、今回はテーマのリクエストありがとうございました。

毎日スキンケアでは、テーマのリクエストを募集中です。
「こんなテーマで記事を書いて欲しい!」というリクエストがありましたら、問い合わせから気軽にご連絡ください。(スキンケア関連に限ります)

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"