朝の洗顔料は使う派?使わない派?どっちが正しいの!?

泡 女性 手

朝の支度が忙しい中、それでもほとんどの人が洗顔をしていると思います。
寝起きでそのままの肌にスキンケア用品やメイクを乗せていくのは、なんだか気持ち良くありませんからね。

そんな朝の洗顔ですが、じつは洗顔料を使う派使わない派に大きく分かれています
スキンケアの情報関連でもどっちつかずになっている状態です。

本当はどちらが正しいのでしょうか。
今回は朝の肌状態と、洗顔料の必要性について詳しく解説していきましょう。

朝の肌状態

最近では、朝は洗顔料を使わない派が増えてきました。
洗顔料は肌の保湿成分まで奪ってしまう(乾燥させてしまう)ので、なるべくリスクを減らそうという考えかたです

たしかに顔が汚れていないなら、わざわざリスクを負ってまで洗顔料を使う必要がありません。
しかし本当に朝の顔は汚れていないのでしょうか

朝の顔は汚れている!?

夜は洗顔後にスキンケアをして寝るだけの人がほとんどです。
メイクをするわけでもないし、外出して刺激物が肌につくわけでもありません。

寝ていただけなら顔は汚れていない!と思ってしまいますよね。

女性 女の子 睡眠 イラスト

しかし確実に肌を汚しているものがあります

それが皮脂です。

人は寝ている間にかなりの量の汗をかき、皮脂を分泌させています。

汗+皮脂=皮脂膜の働き

するとまるで汗や皮脂は肌にとって不要なもの、という印象になってしまいますが、そうではありません。

汗と皮脂は、程よく混ざり合うと皮脂膜になります

汗+皮脂=皮脂膜(天然のクリーム

皮脂膜は肌内部の水分の蒸発を防いだり、外部の刺激から肌を守ってくれたりといった働きをしてくれます。
皮脂膜は、肌の大切なバリア機能の一部なのです

また、皮脂膜に含まれている脂肪酸によって肌が弱酸性に保たれるので、細菌の繁殖を防ぐ働きもあります。

殺菌 弱った菌

つまり適度な皮脂膜は、肌にとって必要なものなのです

しかし皮脂膜の量が過剰になりすぎるのは、肌にとってマイナスになります。
また、古くなった皮脂膜も肌にマイナスの影響を与えてしまいます。

女の子 女性 困った顔

つまり朝の顔も皮脂膜の量が過剰になっていたり、皮脂膜が古くなっていたら「汚れている」と考えていいのです。

変性皮脂は肌の敵!

女性 顔 隠す 女の子

皮脂は

・トリグリセリド(トリアシルグリセロール)

・ワックスエステル

・スクアレン

大部分がこれら3つの成分で構成されています。

そして、これらの皮脂の一部が時間とともに酸化すると、「変性皮脂」というものに変化することになります。

この変性皮脂が困りもので、肌にとっては刺激物なのです。

変性皮脂は肌に対して「バリア機能を低下させる」「保水力を低下させる」「毛穴を開かせる」「キメを乱す」といった悪影響を与えてきます。

変性皮脂が肌に与える悪影響
・肌のバリア機能低下

・水分保持力の低下

・毛穴の開き

・キメを乱す

・ターンオーバーを乱す

・ニキビの原因

洗顔料の必要性

女性 白い肌 顔 水の中

皮脂腺から分泌される皮脂量には個人差があります。
また、体調や年代によっても大きく変わるものです。

しかし誰でも皮脂は分泌されているので、朝の顔にも少なからず変性皮脂があると思ってください

だとしたら、洗顔料の有無はどうなるのでしょうか。
洗顔料を使用するメリットとデメリットを比べてみましょう。

メリット・変性皮脂を落とせる

変性皮脂は、水やぬるま湯では落としきることができません

女の子 女性 洗顔 イラスト

変性皮脂を「キッチリ」落としたいなら、洗顔料を使用することになります。

ただし水やお湯ではまったく落ちないというわけでもなく、花王のデータでは

洗顔後の変性皮脂残存量
(洗顔前を100%とする)

・水洗顔…約35%

・お湯洗顔…約25%

となっています。
Kao Plaza 参考ページ

このデータは頬部分のもので、もっと皮脂分泌が多い部分では残存量も多くなっています。

デメリット・肌の乾燥

一方で洗顔料には、乾燥というリスクがつきまといます。

変性皮脂を落とせるだけの洗浄力は、肌にとって「必要な皮脂」や「保湿成分」も洗い流してしまうからです。

女の子 女性 洗顔 泡

しかし変性皮脂の肌へのリスクも高いもの…。

乾燥のリスクを排除するべきか、変性皮脂のリスクを排除するべきか、という選択になりますね。

もしもパーツごとに分けることが可能なら、Tゾーンなどの皮脂分泌が盛んな部分は、洗顔料を使って皮脂を落とすべきでしょう。

しかし目元などの皮脂分泌が少ない部分は、同じように洗顔料を使うと乾燥が心配なので、使わないほうがいいといえます。

さて、答えはどっち?

洗顔料を使用するかどうかは、変性皮脂のリスク、洗顔料のリスクを天秤にかけて答えを出すしかありません。

つまり、それぞれの肌によって答えが違うということです

女の子 女性 肌 調子がいい

乾燥肌が気になる人や、皮脂の分泌量が少ない人は、洗顔料を使わないほうがコンディションが良くなる可能性があります。

一方で皮脂分泌の量が多い人は、洗顔料を使ってでも皮脂を落とすべきです。

また、朝に使用する洗顔料は、少しでも肌にやさしいものを選んでください。

自分の肌を理解してあげて

洗顔料を使うべきか、使わないべきか、結局正しい答えはないということになってしまいました。

そもそもスキンケアというものは、それぞれの肌質によって違うものです。

季節やそのときの生活サイクルでも肌コンディションは変化します。

油断せずにいつも自分の肌状態を理解してあげて、ベストな選択をしていきましょう。

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"