美容と健康キープには抗酸化作用をとり入れる!その仕組みとは?

女性 本 メガネ

鉄が酸化すると錆びついてしまうように、人間の体も酸化することで老化が進みます

つまり老化を予防するためにも、私たちの体と酸化について知っておくことが大切です。

今回は、酸化によって肌や健康が衰えていかないように、抗酸化作用」について勉強しておきましょう

活性酸素とは

まず人間の酸化について知るには、「活性酸素」というワードが重要です。

活性酸素とは
ほかの物質を酸化させる作用がとても強い酸素のこと。

人間が呼吸によって体内に酸素をとり入れると、活性酸素が発生する。

生命活動を維持するうえで、呼吸する(酸素をとり入れる)ことは必須です。
しかしとり込んだ酸素の一部は、ほかの分子と結びついて活性酸素となってしまうのです

女の子 女性 困った顔

つまり私たちの体と活性酸素は、切っても切れない関係ということになります。
ところがこの活性酸素によって、体の酸化(=老化)が進んでしまうから困りものです

活性酸素の作用

活性酸素は、その酸化ストレスによる老化が懸念されている物質です

ほかにも活性酸素による生活習慣病(脳卒中、心臓病)との関連が話題になってきています。
活性酸素によってガン細胞が増殖したり、動脈硬化といった疾病が引き起こされることがわかってきたからです。

免疫力

しかし白血球によってつくり出されるスーパーオキシド過酸化水素といった活性酸素は、免疫機能としての働きをもっています。

つまり、すべての活性酸素が人体にとってマイナスに作用しているわけではないのです。

活性酸素と抗酸化作用

とはいえ、しわやシミといった肌老化が、活性酸素によるものだという事実は無視できません。

そこで「抗酸化作用」という働きが必要になります。

抗酸化作用とは
活性酸素の働きを抑制(または活性酸素を除去)して、体の酸化(=老化)を抑える作用のこと

抗酸化作用によって、活性酸素による老化を抑えることができるからです

抗酸化力とは

女性 女の子 セーター

そもそも私たちの体がつねに活性酸素をつくり出しているのに、健康を維持できているのは抗酸化力(抗酸化防御機構)を備えているからです。

内因性・抗酸化力

体内でもともともっている抗酸化力は、スーパーオキシドジスムターゼといった酵素によって作用しています。

内因性・抗酸化作用をもつ酵素

・スーパーオキシドジスムターゼ

・グルタチオンペルオキシダーゼ

・カタラーゼ

etc…

しかしこうした酵素も、加齢とともに減少していってしまいます
つまり、活性酸素に対抗していけなくなるのです。

外因性・抗酸化力(抗酸化物質)

ただし体内の抗酸化力が減少していったとしても、外から抗酸化力をとり入れることも可能です

外因性の抗酸化力をもつ物質は、ビタミンC、ビタミンEなどが有名です。

外因性・抗酸化物質

・ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE

・ポリフェノール

・コエンザイムQ10

・αリポ酸

・カロテノイド

・カテキン

etc…

こうした抗酸化力をもった物質は「抗酸化物質」と呼ばれ、注目を集めるようになりました。

女の子 女性 顔 頬杖

抗酸化物質は、つまり「抗酸化作用をもつ物質」ということになります。

抗酸化作用がある食材

では抗酸化物質(抗酸化作用をもつ物質)をとり入れるには、どういった方法があるのでしょうか。

コエンザイムQ10、αリポ酸、ビタミン類など、サプリでとり入れることも可能です。

サプリ パッケージ イラスト 

そして、抗酸化作用がある食材もたくさんあります。

抗酸化作用が強くて有名な食材

・ニンジンなどの緑黄色野菜

・赤ワイン、緑茶

・トマト

・ブルーベリー

・大豆

こうして並べてみると、普段から体にいいとされる食材が多いですね。

野菜 ベジタブル 栄養

こういった食材をバランスよくとり入れることで、体の酸化を抑えることができます。

肌老化予防のためにも、意識していきたい食材です。

ほかにもこんな食材に注目!

カフェ レストラン テーブル

美肌のために毎日食べたい!おすすめの食材ランキングベスト5

2016年3月13日

ミネラルでさらにサポート

ほかにも「抗酸化物質をサポートする物質」もあります。

「亜鉛」や「セレン」といったミネラルです。

食事 女性 栄養

ミネラルはさまざまな食材に含まれているので、バランスの良い食生活にしておけば簡単に摂取できます

活性酸素を増やす原因

草原 女性 後ろ姿

こうして抗酸化作用を意識していく一方で、逆に活性酸素を増やす原因もあります。

体の酸化を進めないためにも、活性酸素を増やす原因は排除しなければいけません。

活性酸素を増やす原因

・紫外線

・タバコ

・ストレス

・アルコール

・脂肪

etc…

紫外線に注意

とくに紫外線は活性酸素を発生させるだけでなく、肌の真皮層にある保湿成分を破壊してしまいます。

紫外線 肌 影響 図解イラスト
コラーゲンと紫外線

紫外線は、コラーゲンエラスチンを分解する酵素を発生させる

肌老化を意識するなら、紫外線対策は必須!といえます。

日焼け止め 3種類

紫外線が弱く感じる季節でもUV-Aは降りそそいでいるので、季節を問わずにUV対策してください

抗酸化作用で美容と健康キープ

抗酸化作用を体にとり入れることで、肌老化を抑えて美容と健康維持ができます。

バランスの良い食生活を意識すれば、抗酸化作用のある食材をとり入れていくことが可能です。

サプリなどと併せて、じょうずに体をサポートしてください。

data-matched-content-ui-type="image_card_stacked"